ホーム > 季刊 歯科医療2018年春号

季刊 歯科医療2018年春号 Vol.32 No.2 新刊

特集:総義歯臨床の真髄に迫る

季刊 歯科医療2018年春号

特集:総義歯臨床の真髄に迫る~ケースプレゼンテーション~

ジャンル 季刊・歯科医療 > 総義歯/有床義歯
出版年月日 2018/04/10
Cコード 3047
判型・ページ数 A4変・152ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

特集 総義歯臨床の真髄に迫る~ケースプレゼンテーション~
1.BPSを用いた総義歯製作とは?症例を通じて考察する (松田謙一)
2.総義歯装着後の調整について(平賀敏人)
3.保険診療にも対応したリンゴ丸かじりを可能にする全部床義歯
  “今井式すっぽんデンチャー”~究極の安定義歯作製法~ (今井守夫)
4.易しく優しい密着総義歯の臨床(大坪建夫)
5.GDS(GLOBAL DENTAL SYSTEM)総義歯作製の真髄 (松本勝利)

◆実践口腔内科・歯科医のための分子整合栄養医学
 4.バイタルサイン・尿検査・血液検査の意義について(清水英寿)

◆28年間の臨床経験と文献から考察する“ インプラント周囲炎”
                    (その2) (篠田鉄郎)

◆発達期における垂直的思考による予防的咬合治療─垂直的咬合育成
Ⅱ.臨床編 5.成長期における不正咬合治療の装置と調整法
  垂直的咬合誘導装置(オーバーレイ)の作製法と2×4装置の調整法
          (佐藤貞雄、白数明義、白数正義、政廣明徳)

◆私の臨床⑲(咬合誘導療法・理論編:その4)
 咬合治療に必要な矯正治療におけるセファロ分析について
      (個人的な見解)2 (舩津雅彦)

◆(Season 2)即時荷重インプラントの最前線
 11.長期予後から確定的になったこと、そして次の未来への指向について
                (松元教貢)

◆顎関節の形態変化に伴う二次的咬合異常
 ─クローズドロック後の開咬を中心に─
   (山口泰彦、後藤田章人、金子知生)

◆『歯科医師─患者』のこころのコミュ力
 最後まで美味しく食べられて楽しく話ができるように…!

◆吉永勉のessay 開業歯科医のほんとの言葉(23)
 (A君の努力と活躍) (

このページのトップへ