ホーム > 季刊 歯科医療2017年夏号

季刊 歯科医療2017年夏号 Vol.31 No.3 新刊

特集:う蝕の検査・診断・治療のパラダイムシフト

季刊 歯科医療2017年夏号

う蝕治療のパラダイムシフトを、ガイドラインの解説を中心に

著者 桃井保子(鶴見大学教授)
ジャンル 書籍 > 予防歯科
出版年月日 2017/07/10
Cコード 3047
判型・ページ数 A4変・144ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

特集・う蝕の検査・診断・治療のパラダイムシフト
   ―う蝕治療ガイドラインの解説を中心に― (桃井 保子 編集)
 1.う蝕の検査と診断 (桃井保子、福島正義)
 2.切削しないでエナメル質初期う蝕を治療することは可能か?
   ─エビデンスと推奨の根拠をガイドラインから探る─ (清水明彦)
 3.深在性う蝕への対応 (前薗葉月、林美加子)
 4.MI に基づいたコンポジットレジン修復 (高橋礼奈、二階堂徹)
 5.根面う蝕への対処 (久保至誠)
 6.初期う蝕の再石灰化の機序
   (フッ化物セルフケア製品について解説) (中嶋省志)
 7.機能性ガムを用いた食品によるう蝕および酸蝕症への介入
                    (北迫勇一)

◆咬合・審美を踏まえ、口腔内と調和したインプラント臨床を目指して
 4.本質に根ざし、インプラントの有用性と歯根膜を生かす
   歯科医療を目指して (老川秀紀)

◆実践口腔内科・歯科医のための分子整合栄養学
 1.概論:口腔内科を実践するための分子整合栄養学とは (清水英寿)

◆『訪問歯科診療』/訪問歯科診療のススメ─往診で患者さんと生涯向き合う─
 1.はじめの一歩を踏み出す勇気 (奥原利樹)

◆発達期における垂直的思考による予防的咬合治療─垂直的咬合育成
 Ⅰ.理論編
 2.成長期における咬合のルールと発達期に必要な咬合の
   ルールと生理的機能咬合の役割 (佐藤貞雄、白数明義)

◆ケース・プレゼンテーション/私の臨床⑯(咬合誘導療法・理論編:その1)
 子ども矯正における咬合誘導療法(1)
 ─咬合とは…、ふなつデンタル流咬合誘導療法─  (舩津雅彦)

◆義歯調製法 嚙めない義歯を嚙めるようにする技法
 第6章 KDS(カワラダ・デンチャー・システム)による臨床例:
     その5.難症例と思われるもの②  (川原田幸三)

◆Season 2 即時荷重インプラントの最前線
 8.エビデンスとは何か?と再考させられる変化の激しい
  時流の中にあるインプラント治療  (松元教貢)

◆吉永勉のessay 開業歯科医のほんとの言葉(20)
 (労働環境について) (

このページのトップへ

内容説明

マイクロスコープはこれからの歯内療法に必須。最新の情報がここにあり。

このページのトップへ