ホーム > 季刊 歯科医療2017年春号

季刊 歯科医療2017年春号 Vol.31 No.2 新刊

特集:マイクロエンドドンティクス【アドバンス編】

季刊 歯科医療2017年春号

マイクロスコープを利用した歯内療法の最新情報を網羅

著者 興地 隆史 (東京医科歯科大学大学院教授)
ジャンル 書籍 > 歯内療法
季刊・歯科医療 > 放射線/マイクロスコープ/デジタル
出版年月日 2017/04/10
Cコード 3047
判型・ページ数 A4変・144ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

特集 マイクロエンドドンティクス 【アドバンス編】 (興地 隆史 編集)
 1.マイクロエンドドンティクスの現状(オーバービュー) (興地隆史)
 2.マイクロスコープとCBCT を用いた歯内療法 (北村和夫)
 3.マイクロスコープを用いた形態異常歯への対応 (渡辺 聡)
 4.マイクロスコープを用いた穿孔封鎖(Perforation Repair)について (吉岡俊彦)
 5.マイクロスコープを用いた破折ファイルの除去 (坂上 斉)
 6.天然歯保存へのチャレンジ (岡口守雄)
 7.アドバンスト エンドドンティックマイクロサージェリー (佐藤暢也)

◆咬合・審美を踏まえ、口腔内と調和したインプラント臨床を目指して
 3.インプラント臨床におけるComplication(偶発症)を検証する
   ―埋入位置と埋入軸の重要性― (老川秀紀)

◆ケース・プレゼンテーション/私の臨床⑮(咬合誘導編:その4)
 子ども矯正におけるジャンピングプレートの位置づけ(4)
  ─永久歯列になる前にやるべきことが、ふなつデンタル流子ども矯正に
   あることの意味──   (舩津雅彦)

◆(Season 2)即時荷重インプラントの最前線
 7.即時荷重・MIS 時代が本格的到来を告げようとしている (松元教貢)

◆義歯調製法 嚙めない義歯を嚙めるようにする技法
 第6章  KDS(カワラダ・デンチャー・システム)による臨床例:
 その5.難症例と思われるもの① (川原田幸三)

◆不正咬合による鼻閉の改善および顎関節症の改善
 PMFF(proprioceptive myo-functional facilitation)の概念を
 応用した 呼吸、嚥下機能の活性化に関する臨床報告(Ⅲ)(野見山宏地)

◆発達期における垂直的思考による予防的咬合治療─垂直的咬合育成 Ⅰ.理論編
 1.成長期における咬合発育の概念と発達期の咬合育成に関する概念
                       (佐藤貞雄、白数明義)

◆『歯科医師─スタッフ』のこころのコミュ力
 患者さんの納得のいく笑顔を見るために大切なこと

◆吉永勉のessay開業歯科医のほんとの言葉(19)
 (伸びていく人とそうでない人の違い) (

このページのトップへ

内容説明

マイクロスコープはこれからの歯内療法に必須。最新の情報がここにあり。

このページのトップへ