ホーム > 初心者のためのMEAWを用いた矯正治療

初心者のためのMEAWを用いた矯正治療

初心者のためのMEAWを用いた矯正治療

初心者だけでなく熟練の術者も必読。MEAWができる! MEAWシリーズ第一弾をお買い忘れの先生にもお奨め。

著者 白数 明義
佐藤 貞雄
ジャンル 書籍 > 歯科矯正/咬合
シリーズ MEAWシリーズ
出版年月日 2008/11/10
ISBN 9784924858503
判型・ページ数 A4変・184ページ
定価 本体18,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 MEAW 装置を用いるための準備と器材
 1.診断と治療計画のための準備
  1)顏貌、口腔内写真撮影
  2)顎機能診断のための歯列模型採得と咬合器の利用
  3)頭部エックス線規格写真(セファロ)と口腔内エックス線写真
    (デンタル、パノラマ)の撮影
  4)顎運動採得と顎関節の機能検査
 2.MEAW 装置を製作、使用するための準備と器材
  1)MEAW 装置を製作するための器材
  2)口腔内に装着するための器材
  3)MEAW 装置を使用するための器材
第2章 MEAW 装置を用いるための不正咬合の考え方
 1.顎顔面頭蓋の進化的背景
 2.顎顔面の成長発育における咬合高径と下顎の適応
 3.顎顔面骨格の成長における動的機構
 4.脳頭蓋と顔面頭蓋との動的バランス
 5.顎顔面の垂直的高径と成長発育
 6.顎顔面骨格の動的バランスと骨格性不正咬合の発現機序
 7.不正咬合の要因と機能的咬合の確立
第3章 MEAW 装置を用いるための診断と治療計画
 1.顔貌、口腔内写真による分析
 2.歯列模型による顎機能の分析
 3.頭部エックス線規格写真(セファロ)による分析
 4.顎関節の機能検査による顎機能運動の分析
 5.分析結果による診断と治療計画の立案
第4章 MEAW 装置の屈曲法と基本的調整法
  1.MEAW 装置の具体的な屈曲法と基本的調整法
  1)MEAW 装置の具体的な屈曲法
  2)MEAW 装置の基本的調整法
 2.MOAW(Modified Offset Arch Wire)装置の屈曲法と基本的調整法
  1)MOAW 装置の屈曲手順
  2)MOAW 装置の基本的調整法
 3.MEAW 装置のメカニズムと骨格別調整法
  1)MEAW 装置のメカニズム
  2)MEAW 装置の骨格別調整法
  3)咬合再構成における第一小臼歯の意義
 4.DAW(Double Arch Wire)装置の調整法
第5章 MEAW 装置の調整法 その1(High Vertical 症例)
 1.Class Ⅲ Open Bite 症例の調整法
  1)形態的特徴 2)治療目標 3)症例の分析と診断
  4)治療計画と屈曲手順 5)症例の経過 6)治療結果
 2.Class Ⅰ Open Bite 症例の調整法
  1)形態的特徴 2)治療目標 3)症例の分析と診断
  4)治療計画と屈曲手順 5)症例の経過 6)治療結果
 3.Class Ⅰ High Angle Crowding 症例の調整法
  1)形態的特徴 2)治療目標 3)症例の分析と診断
  4)治療計画と屈曲手順 5)症例の経過 6)治療結果
第6章 MEAW 装置の調整法 その2(Low Vertical 症例)
 1.Class Ⅲ Low Angle 症例の調整法
  1)形態的特徴 2)治療目標 3)症例の分析と診断
  4)治療計画と屈曲手順 5)症例の経過 6)治療結果
 2.Class Ⅱ High Angle Open Bite 症例の調整法
  1)形態的特徴 2)治療目標 3)症例の分析と診断
  4)治療計画と屈曲手順 5)症例の経過 6)治療結果
 3.Class Ⅱ Low Angle 症例の調整法
  1)形態的特徴 2)治療目標 3)症例の分析と診断
  4)治療計画と屈曲手順 5)症例の経過 6)治療

このページのトップへ

内容説明

上製本

◎MEAW テクニックを基本からマスターするための入門編!!
 MEAW ができる!

<本書の特長>
・骨格別セファロ分析法やワイヤー屈曲法を重点的に詳細に解説!
 MEAW テクニックが初歩、基本から習得できる。
・セファロ分析やワイヤー屈曲法などのイラスト・写真を、ステップごとに
 大きな図柄で多数掲載。ビジュアルで見やすい構成!
・初心者のみでなく、熟練の先生方も基本の復習として必読の書!

このページのトップへ