ホーム > 知の挑戦

知の挑戦  新刊

国際交流50年

知の挑戦

著者の50年にわたる歯科研究における国際交流を、当地の歴史や地理も交えながら記録した大著

著者 森 昌彦
ジャンル 書籍 > 歯科医学史
シリーズ ヘルスサイエンス歴史シリーズ
出版年月日 2017/08/01
ISBN 9784924858695
判型・ページ数 A4変・672ページ
定価 本体20,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

「知」の挑戦 ─ 国際交流50年 ─
Challenge to Wisdom, International Exchange during 50 years
森  昌 彦

❖❖❖❖❖C O N T E N T S❖❖❖❖❖
はじめに…… 3
謝辞(この書を川勝 賢作 先生、Harold M. Fullmer 先生に捧げる)……

1 序章:国際交流50年─研究への探訪 /17
1.戦後の復興から新しい研究への探訪 …… 17
2.癌総合研究 …… 19
3.腫瘍の酵素組織化学的研究 …… 20
4.酵素証明のための脱灰法 …… 22
5.歯と歯周組織の化学的構造の解明 …… 23
6.学問の国際化と学術雑誌の英語化 …… 25

2 酵素組織化学/29
1.口腔腫瘍の酵素組織化学 …… 29
2.骨ならびに歯周組織の酵素組織化学 …… 33
3.発育(歯胚)の酵素組織化学 …… 37
4.正常、病的唾液腺の酵素組織化学 …… 40
5.卵巣(正常と病的)の酵素組織化学 …… 43

3 研究歴(1967~2016年)の展望/47
Ⅰ 1960年代
1967(昭和42)年 …… 48
1.デンマーク王立歯科大学 Royal Dental School Copenhagen 口腔病理セミナー …… 48
2.マルメ歯科大学 Malmö Dental School セミナー…… 48
3.キール大学 歯科外来 Zahnklinik in Kiel Universität セミナー …… 50
4.ハンブルグ大学顎外科 University of Hamburgセミナー …… 50
5.Virchow は病理学者、人類学者、政治家であった…… 52
6.第2回ドイツ口腔科学会 
Ⅱ Kongreβ der Deutschen Gesellschaft für Stomatologie Leipzig …… 56
7.Karl-Marx-Universität Pathogisch Institutセミナー …… 60
8.チェコスロバキア・プルキニエ学会口腔科セミナー …… 60
9.ヨーロッパ最古の形成外科教室 Karovy University Praha …… 62
10.チェコスロバキア口腔科Ⅰ・Ⅱセミナー…… 63
11.ゼンメルワイズ大学解剖学教室セミナー(Budapest) …… 63
12.ゼンメルワイズ大学 Dental School セミナー(Budapest) …… 65
13.ハンガリー(ブタペスト)からポーランドへ…… 66
14.第6回ポーランド組織細胞化学会 …… 67
15.Bonn 大学歯学部(顎外科)セミナー …… 68
16.ヴルツブルグ大学解剖学教室Anatomisches Institut セミナー …… 69
17.チューリッヒ大学歯科 Zahnárztlisches Institut Universitüt Zürich Seminar …… 71
18.Prof. Dott Carlo Zerosi 訪問(ミラノMilano)…… 72
19.Institut de Medicine Dentaire del’Institut de Geneva 訪問 …… 73
20.Prof. R Wegmann Histochemical Institute 訪問
…… 73
21.ライデン大学 Leiden University,Dr. Willighagen 訪問 …… 74
22.St. Thomas Hospital(London)訪問 …… 74
23.ロンドンLondon の医科大学と大学院 …… 75
24.連合王国UK の組織細胞化学会 …… 77
25.Bergen 大学(ノルウェー) …… 78
26.Oslo 大学の医歯基礎研究室 訪問 …… 78
27.Göthenburg(Götenborg)のSahlgrenska病院 訪問 …… 79
28.Sodersjukhuset の口腔外科 訪問 …… 80
29.Turku 大学(フィンランド)歯学部Prof. A Scheinin 訪問 …… 81
30.フィンランド・ヘルシンキの中央病院 …… 81
31.1967 FDI(第14回パリ大会)発表 …… 82
32.1967(昭和42)年ヨーロッパ講演旅行の結論…… 83

1968(昭和43)年 …… 85
1.マルメ歯科大学 Malmö Dental School セミナー…… 85
2.ボン大学Universität Bone 口腔顎外科セミナー…… 86
3.フンボルトHumboldt 大学病理学教室セミナー…… 86
4.ライプチッヒ大学歯科外来セミナー …… 87
5.ライプチッヒ大学病理学教室セミナー …… 87
6.Jubilium Symposium in Thallwitz …… 88
7.Rosenthal 教授とRosenthal Klinik …… 91
8(1). 1968 FDI 大会(第15回バルナ Varna ブルガリア Bulgaria)発表 …… 92
8(2). ソフィア Sofia 大学 Ivan Clinic 訪問…… 94
9.Hungarian Academy of Science 講義(ブタペスト Budapest) …… 95
10.ゼンメルワイズ大学口腔科セミナー(ブタペスト) …… 96
11.パリ大学組織細胞化学教室セミナー …… 96
12(1). ベルギー・ゲント(Gent)大学産婦人科セミナー …… 96
12(2). ベルギー・リエージュ(Liege)大学口腔科訪問 …… 97
13.国際口腔顎顔面外科学会 
International Association of Oral-Maxillofacial Surgery, New York …… 97
14.New York University 歯学部セミナー …… 100
15.National Institute of Dental Research(NIDR)セミナー …… 101
16.Armed Force Institute Pathology(AFIP)…… 103
17.Veterans Administration Hospital Bethesdaセミナー …… 103
18.Sainai Hospital セミナー …… 104
19.Massachusetts General Hospital 訪問 …… 105
20.Eastman Dental Center in Rochester 訪問…… 106
21.SUNY Buffalo セミナー …… 107
22.Roswell Park Memorial Cancer Center Instituteセミナー …… 107
23(1). イリノイ大学 歯学部セミナー …… 108
23(2). イリノイ大学 歯学部病理セミナー …… 108
24.Northwestern University Dental Schoolセミナー …… 110
25.Chicago University Lecture Zoller Clinicセミナー …… 110
26.University of Washington Oral Biologyセミナー …… 111
27.University of Oregon Dental School セミナー…… 111
28.1968年ヨーロッパ・アメリカ講演旅行の総括…… 112

1969(昭和44)年 …… 114
1.International Conference on Dental Plaque…… 114

Ⅱ 1970年代
1971(昭和46)年 …… 116
1.デンマーク王立歯科大学 Royal Dental College Copenhagen 口腔病理セミナー …… 116
2.マルメ歯科大学 Malmö Dental Schoolセミナー …… 117
3.第4回国際口腔顎顔面外科学会The 4th Internatinal Conference of Oral-Maxillofacial Surgery, Amsterdam …… 117
4.Surgical Treatment of Bucco-Facial Cancer,Madried 出席 …… 120
5.ゼンメルワイズ大学 Semmelweise University Budapest Dental School セミナー …… 120
6.Postgraduate Institute of Dentistry, Prahaセミナー …… 120
7.Central Research Institute of Stomatology,Moscow 訪問 …… 121
8.Internationale Gesellschaft für Kiefer-Gesichts-Chirugie, Istanbul …… 122
9.1971年の総括 …… 123

1972(昭和47)年 …… 127
1.第4回国際組織細胞化学会(京都)The 4th International Congress of
Histochemistry and Cytochemistry,Kyoto …… 127
2.Symposium on Periodontal Research …… 130

1973(昭和48)年 …… 131
1.国際インプラント学会(シドニー Sydney)…… 131
2.1973 FDI(The 61st Annual Session of the FDI)、第20回オーストラリア歯科医学会 The 20th Australian Dental Congress(シドニー Sydney) …… 132
3.The Royal Dental Hospital of Melbourne…… 135
4.国際顎顔面外科学会(IAMFS), 1973 …… 135

1974(昭和49)年 …… 136
1(1). Medical Academy of Warsaw セミナー…… 136
1(2). ワルシャワのマリアキュリー記念館 …… 137
1(3). アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所…… 138
1(4). 対話が進むドイツとポーランド、同時に大きい被害を受けたドイツ、その後ドイツ再統一 …… 138
2(1). 1974 FDI(The 62th Annual World Dental Congress of FDI)ロンドン出席 …… 139
2(2). Burkitt リンパ腫 …… 143
2(3). Royal Society of Medicine(RSM) …… 145
3.ブリストル(Bristol)、バース(Bath) …… 150
4(1). オスロ大学 細胞生物学研究室 訪問 …… 151
4(2). ゲーテボリ大学歯科セミナー Göteborg University Institute of Odontology …… 151
5.第2回ヨーロッパ顎顔面外科学会(チューリッヒ Zürich) …… 151
6.第11回アルコビコングレス The XI Árkövy Congress(セゲード Szeged) 発表 …… 153

1975(昭和50)年 …… 155
1.ブリティッシュコロンビア大学 口腔生物学セミナー 
The University of British Columbia Oral Biology Seminar …… 155
2.ワシントン大学 口腔生物学セミナー 
University of Washington Oral Biology Seminar, Seattle …… 156
3.オレゴン大学ヘルスセンター 歯学部セミナー
University of Oregon Health Science Center School of Dentistry Seminar …… 156
4.1975 FDI(The 63rd World Dental Congress FDI, Chicago)シカゴ …… 157
5.FDI の歴史 …… 159
6.ミシガン大学 歯学部セミナー The University of Michigan Dental Research Seminar …… 168
7.ニューヨーク大学バッファロー校 口腔生物学セミナー 
University of New York at Buffalo Department of Oral Biology Seminar …… 168
8.アラバマ大学歯学研究所 セミナー University of Alabama Institute of Dental Research Seminar …… 169

1976(昭和51)年 …… 171
1.第2回国際顎顔面外科学会(Basle)The 2nd Congress of International Association for Maxillofacial Surgery …… 171
2.AO/ASIF Course …… 172
3.第3回ヨーロッパ顎顔面外科学会(ロンドン)The 3rd Congress of the European Association for Maxillofacial Surgery …… 172
4.イーストマン歯科研究所 セミナー Eastman Dental Institute( London) Seminar…… 173
5.デンマーク王立歯科大学 セミナー Royal Dental School Copenhagen Seminar …… 174
6.ハンブルグ・エッペンドルフ Eppendolf Kifer Klinik 訪問 …… 174
7.マインツMainz 大学 顎外科(Prof. Scheunemann 訪問) …… 174
8.1976 FDI(アテネ)The 64th Annual World Dental Congress of the Federation Dentaire Internationale …… 175

1977(昭和52)年 …… 177
1.ソビエト保健省による口腔科教育における視聴覚教育 …… 177
2.モスクワ大学口腔科 Moscow University Stomatology …… 181
3.エルミタージュ美術館 …… 181

1978(昭和53)年 …… 182
1.第4回ヨーロッパ顎顔面外科学会(ベニス)The 4th Congress of European Association for Maxillo-facial Surgery …… 182
2(1). ハンガリー歯科医師会100周年記念学会(Budapest)発表 …… 183
2(2). ブタペストの大学の歴史 …… 185
2(3). ハンガリー歯科医師会100年の歴史 …… 188

1979(昭和54)年 …… 189
1.フィリピンにおける救癩病歯科活動と笹川記念保健協力財団 
Dental Leprosy Mission of Japan to Philippine…… 189
2.第4回国際顎顔面外科学会 The 4th Congress IAMFS(Praha) …… 191
3.F. Hoffman-La Roche セミナー …… 191
4.Prof. Zerosi 訪問 …… 192
5.北欧3か国の標準的口腔外科教科書 …… 192

Ⅲ 1980年代
1980(昭和55)年 …… 194
1.第1回国際、第34回インド歯科医学会(ボンベイ)発表 
1st International and 34th National Dental Conference, Bombay India …… 194
2.第5回インド口腔外科学会 The 5th Annual Conference. Association of Oral Surgeons of India …… 197
3.口腔癌の診断の指針となるパンフレット…… 201
4.第7回国際口腔外科学会 The 7th International Conference on Oral
Surgery, Dublin Ireland 講義 …… 202
5.58th IADR 大阪 …… 202

1981(昭和56)年 …… 203
1.Robert Gorlin 来日 …… 203

1982(昭和57)年 …… 204
1.第1回日米合同組織細胞化学会(シアトル)…… 204
2.第3回日米デンタルセミナー The 3rd Japan-American Combined Dental Seminar at School of Dentistry State, University of New York at Buffalo …… 204
3.ミネソタ大学口腔病理 セミナー Minnesota University Oral Pathology Seminar …… 206
4.IAMFS Sorrento Italy International Association for Maxillofacial
Surgery (IAMFS) …… 207

1983(昭和58)年 …… 208
1.Tibor Barka, JR Garrett, Tony Axell, Howard H. Chauncy, K. Kapur 来日 …… 208
2.第8回国際口腔外科学会 The 8th International Conference on Oral
Surgery, Berlin …… 210
3.国際顎顔面補綴技術学会 International Congress on Maxillo-Facial
Prosthesis and Technology, London …… 210
4.The 9th Congress International Association for Maxillofacial Surgery (9th IAMFS)…… 211

1984(昭和59)年 …… 212
1.ハルピン医科大学第一医院交流(手術と講演)…… 212
2.スウェーデンMalmö 大学、G. Gustafson 教授の研究品、Royal College of Surgeons of England(London)へ寄贈 …… 214
3.The 10th International Association for Maxillofacial Surgery Congress(10th IAMFS)…… 215
4.胸鎖乳突筋皮弁(Sternocleidmastoid Myocutaneous Flap: SCM-MF)による口腔癌切除後の再建(標準手術) …… 216

1985(昭和60)年 …… 220
1.第8回国際口腔外科学会 The 8th Annual Conference on Oral Surgery Philippine College of Oral Surgeons …… 220
2.JJ Pindborg 教授の来日 …… 222
3.第11回IAMFS 会議 The 11th Congress International Associasion
for Maxillofacial Surgery (11th IAMFS) …… 223
4.第2回ハルピン医科大学学術交流(手術と講演)…… 223

1986(昭和61)年 …… 225
1.コペンハーゲン、パヌム研究所、王室大学 Panum Institute University of Copenhagenセミナー …… 225
2.マルメ歯科大学 セミナー Malmö Dental School Seminar …… 226
3.Long Island Jewish Hillside Medical Center (NY) 訪問 …… 228
4.Department of Stomatology and Interdisciplinary State University of New York at Buffalo セミナー(国際交流会)…… 228
5.Institute of Dental Research, University of Alabama Birmingham セミナー …… 230
6.第2回日米合同組織細胞化学会 …… 232
7.The 15th Annual Meeting, International Association for Maxillofacial Surgery …… 233
8.The 74th Annual World Dental Congress Federation Dentaire Internationale, Manila …… 233

1987(昭和62)年 …… 235
1.朝日大学とHumboldt 大学との学術交流協定の予備交渉、Berlin Humboldt 大学医学部訪問、会議 …… 235
2.Thallwitz Rosenthal Klinik 訪問 …… 239
3.I Stomatology Clinic(プラハ Praha)セミナー…… 242

1988(昭和63)年 …… 245
1.IAMFS( International Association for Maxillofacial Surgery) Miskolc Hungary 発表…… 245
2.Universität Hamburg Fachbereich Medicine セミナー …… 251
3.パリのProf. Marie Vaillant 教室で講演 …… 252
4.Dr. Meenaghan, Barbara( SUNY Buffalo) 来日…… 253
5.日本口腔外科学会 …… 254
6.朝日大学口腔外科の張英成教授(ハルピン医大)帰国 …… 255
7.JADR広島Congress( 1988年12月2日) …… 255

1989(平成元年)年 …… 256
1.第1回アジア口腔顎顔面外科学会 The 1st Asian Congress on Oral and Maxillo-facial Surgery, Manila Philippines …… 256
2.The 1st European Symposium on Calcium Binding Proteins in Normal and Transformed Cells, Bruxcells 発表 …… 260
3.Salpetaiere Hospital セミナー, Paris …… 261
4.Kinderhospital Seminar, Zürich セミナー…… 262
5.第1回口腔癌学会 The 1st International Congress on Oral Cancer
(ICOOC), New Delhi India 発表 …… 264
6.International Society for Research on Civilization Diseases and on Environment, Ahmadabad India 発表 …… 267
7.The Gujarat Cancer Center & Research Institute, Ahmadabad セミナー …… 269
8.Tata Institute Hospital セミナー, Bombay…… 270
9.1989年とはどのような年であったか? …… 270

Ⅳ 1990年代
1990(平成2)年 …… 272
1.ソウル大学・日韓歯科放射線学会、韓国口腔科学会 …… 272
2.Harold M. Fullmer 来日 …… 272
3.二階宏昌教授 開講20周年記念 …… 274
4.Morgantown へ、Dr. Pinkstaff 講義 …… 275
5.第3回日米合同組織細胞化学会 …… 277
6.Horst Scheunemann 死去 …… 278
7.第35回日本口腔外科学会(西嶋克巳会長)…… 279
8.朝日大学創立20周年記念事業 …… 280
9.ドイツ再統一 …… 281
10.Wolfgang Friedrich Paul Bethmann 死去…… 285

1991(平成3)年 …… 289
1.第2回日中合同組織細胞化学会 発表 …… 289
2.第16回国際顎顔面外科学会(IAMFS 大分、
日本で初めてのIAMFS) …… 291

1992(平成4)年 …… 293
1.アジア口腔顎顔面外科学会理事会と中山医科大学講義 …… 293
2.第84回フィリピン歯科医師会 The 84th Philippine Dental Association
Annual Session, Manila …… 294
3(1). Humboldt University, Berlin 訪問 …… 296
3(2). 第6回国際口腔病理学会 The 6th Biennial Congress in the
International Association on Oral Pathologists, Hamburg 講演 …… 296
3(3). Royal College of Surgeon, London …… 299
4.日米合同口腔外科学会(ハワイ)発表 …… 300

1993(平成5)年 …… 302
1.中国東北三省口腔医学会(双鴨山、佳木斯医科大学)発表 …… 302
2.China-Japan Joint Symposium of Histochemistry and Cellular Biology in Harbin オルガナイザー…… 303
3.第3回日中合同組織細胞化学会(瀋陽) …… 305
4.John Garrett Retirement Symposium, London 講演 …… 307
5.第4回国際口腔癌学会準備委員会(ロンドン)…… 309

1994(平成6)年 …… 311
1.第3回国際口腔癌学会 The 3rd International Congress on Oral
Cancer( ICOOC), Madras India …… 311
2.第35回大韓口腔・顎顔面外科学会(ソウル)…… 314
3.第1回日中合同口腔生物学会(西安)オルガナイザー …… 319

1995(平成7)年 …… 321
1.The 4th European Symposium on the Application of Saliva in Clinical Practice and Research, Berlin …… 321
2.The 4th ICOOC(大垣・日本)開催の最終打ち合わせ会議(ロンドン) …… 322
3.IADR, JADR(シンガポール大学歯学部)…… 322
4.第4回国際口腔癌学会 The 4th International Congress on Oral Cancer, Ogaki Japan …… 327
5.Kagoshima International Symposium Oncovirus and Upper Aero-Digestive Tract Diseases …… 337
6.The 7th Bangladesh National and 3rd SADAF Dental Conference ’95, Dahka. Tribuhan University Teaching Hospital Kadmandu 発表…… 337

1996(平成8)年 …… 340
1.第10回国際組織細胞化学会議(京都) …… 340
2.第2回日中合同口腔生物学会(成都)オルガナイザー …… 342
3.第四軍医大学口腔医学院セミナー(西安)…… 345
4.北京医科大学口腔医学院セミナー(北京)…… 345
5.ハルピン医科大学建校70周年記念 …… 347
6.第3回韓国唾液腺学会(ソウル)発表・特別講演 …… 351

1997(平成9)年 …… 352
1.The 5th International Conference on Oral Cancer( 5th ICOOC), London …… 352
2.Oral Oncology 編集委員会(ロンドン) …… 354
3.Kinderhospital University of Zürich セミナー…… 359
4.Surgical Department in Cancer Institute of Genova セミナー …… 359
5.第13回国際口腔顎顔面外科学会(京都)(第42回日本口腔外科学会総会) …… 360
6.笹川医学奨学金制度10周年記念(北京) …… 362
7.Continuing Dental Education Programe …… 366

1998(平成10)年 …… 368
1.Manipal Academy of Higher Education …… 368
2.All Indian Institute of Medical Sciences, New Delhi 講演 …… 373
3.今後のICOOC開催の検討( New Delhi) …… 373
4.Gujarat Cancer Center セミナー …… 376
5.International Geographical Union Conference on Changing Patterns of Health in Developing Countries Baroda, India 発表 …… 377
6.インドのペスト流行 …… 382
7.第3回日中合同口腔生物学会(佳木斯)オルガナイザー …… 383

1999(平成11)年 …… 386
1.University of Malaya, School of Dentistry, Kuala Lumpur(クアラルンプール)セミナー…… 386
2.マレーシア、シンガポールの歴史 …… 388
3.The 6th ICOOC(New Delhi) …… 389
4.インドと中国の口腔医学(口腔癌)の交流…… 393
5.1999日中口腔医学会、北京医科大学口腔医学院セミナー …… 395
6.ハルピン医科大学50周年記念式典 …… 397
7.長春・白求恩医科大学口腔医学院セミナー…… 398
8.北京協和病院口腔科セミナー …… 399

Ⅴ 2000年代
2000(平成12)年 …… 400
1.イラン …… 400
1(1). イラン国の概要 …… 400
1(2). イランの歴史 …… 401
1(3). テヘランの学会、大学、病院 …… 402
1(4). The 40th Annual and 7th International Scientific Congress on the Iranian Dental Association, Teheran 発表 …… 404
1(5). ペルセポリス(Persepolis) …… 405
1(6). シラーズ(Shirăz) …… 407
2.第4軍大学口腔医学院講義(西安) …… 407
3.2000 International and 6th National Head and Neck Cancer Congress,(上海) …… 409

2001(平成13)年 …… 411
1.トルコ …… 411
1(1). トルコの文明 …… 411
1(2). トルコ国の歴史 …… 413
1(3). ペルガマ(Bergama) …… 414
1(4). エフェス(Efes)、コンヤ(Konya) …… 416
2.The 7th ICOOC( The 7th International Congress on Oral Cancer), Hague Nederland (オランダ・ハーグ) …… 420
3.Oral Oncology 編集委員会 …… 422
4.John Garrett King’s College 訪問 …… 424
5.フィンランド(Finland):トルク(Turku)・ヘルシンキ(Helsinki)訪問 …… 425
5(1). フィンランドの歴史 …… 426
5(2). トルクの歴史 …… 427
5(3). トルク大学(1968年と2001年)講義 …… 431
5(4). フィンランド大学 歯学部講義(ヘルシンキ) …… 431
6.韓国・江陵大学歯科大学講義 …… 433

2002(平成14)年 …… 434
1.エジプトの歴史 …… 434
2.古代エジプトの神々 …… 435
3.古代エジプトの市民生活 …… 436
4.古代エジプトのミイラ …… 437
5.ピラミッド …… 443
6.ルクソール(Luxor) …… 445
7.ナイル神殿の柱の型 …… 447
8.アスワン(Aswan) …… 449
9.アブ・シンベル(Abu Simbel)宮殿 …… 450
10.パピルス(Papyrus)紙に書かれた字の綴り…… 452
11.アレキサンドリア …… 454
11(1). アレキサンドリアの現代 …… 454
11(2). ロゼッタ石(Rosetta Stone) …… 456
11(3). エル・アラメイン(AL Alamein)とAL-Alamein の戦い …… 456
11(4). Alexandria Chronography …… 456
11(5). コプト教 …… 457
11(6). Bibliotheca Alexandria …… 457
11(7). 新アレキサンドリア図書館 …… 460
12.ガラスの起源 …… 461
13.現代のエジプトの医・歯系大学 …… 461
14.アフリカの発展途上国を悩ます熱帯病 …… 462

2003(平成15)年 …… 464
1.ネパール・カトマンドゥ …… 464
1(1). FDI・NDA 会議(カトマンドゥ)、講義・手術 …… 465
1(2). ネパール国 …… 467
1(3). ネパール歯科医師会会員の出身大学 …… 468
1(4). National Dental Hospital 手術 …… 470
2.ギリシャ …… 471
2(1). ギリシャ国の歴史 …… 472
2(2). ギリシャ神話 …… 477
2(3). The 16th ICMFS, Athene( The 16th International College of Maxillofacial Surgery), 17th Annual Meeting of the Hellenic Association for Oral and Maxillofacial Surgery-2003 …… 479
2(4). アテネの歴史 …… 481
2(5). アクロポリスの建設 …… 483
2(6). アスクレピオス(Asclepius) …… 486
2(7). コス島のヒポクラテス遺跡 …… 489
3.アレキサンダー大王の東征 …… 495
4.Oral Diseases 編集委員会 …… 503

2004(平成16)年 …… 505
1.ハルピン医科大学 …… 505
1(1). ハルピン医科大学の歴史 …… 506
1(2). 清国のルーツ、金王国と現在の中国東北部の昔話 …… 507
1(3). ハバロフスク(Khabarovsk)、黒瀧江省、アムール川、ハルピン …… 509
2(1). バングラデシュ Bangladesh …… 510
2(2). Sapporo Dental College, Dhaka(ダッカ)…… 512
2(3). バングラデシュの歴史 …… 513
3.Alan J. Drinnan M.D., D.D.S. 死去 …… 515
4.Árpád Csiba の思い出 …… 516

2005(平成17)年 …… 519
1.インドシナ半島 …… 519
1(1). インドシナ半島3か国の概要 …… 519
1(2). アジアにおけるメコン開発 …… 520
1(3). アジア諸国の人々が感じた
日中米3か国からの影響 …… 520
1(4). インドシナ半島(ベトナム、ラオス、カンボジア)の年表と3国の概要 …… 521
2.ベトナム …… 523
2(1). ベトナムの歴史と現状 …… 523
2(2). ホーチミン大学歯学部 …… 524
2(3). アンコール遺跡群 …… 527
2(4). ハノイ、FDI 会議 …… 528
3.Pre-conference for 1st International Conference on Tropical Oral Health 2005, England …… 531
4.The 5th ICMFS 会議 …… 533
5.中国東北三省口腔医学会(ハルピン) …… 534
6.Jolán Bánoczy …… 537

2006(平成18)年 …… 538
1.イタリア訪問 …… 538
1(1). ICMFS+ICOOC 会議(イタリア・グラド)…… 538
1(2). ヴェニス(Venezia) …… 539
1(3). グラド(Grado) …… 541
1(4). The 11th International Congress on Oral Cancer(ICOOC) …… 544
2.ハンガリー訪問 …… 546
2(1). ゼンメルワイズ大学歯学部講義 Semmelweis University …… 546 
2(2). ハンガリーの歴史 …… 548
3.第7回アジア口腔顎顔面外科学会 The 7th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery …… 551
4.香港大学口腔顎顔面外科 …… 552

2007(平成19)年 …… 554
1.2009年上海で開催予定のICMFS とICOOC の準備委員会 …… 554
2.日中笹川医学研究者制度20周年記念会 …… 555
3.Harold M. Fullmer 死去 …… 559

2008(平成20)年 …… 560
1.第12回ICOOC、第24回ICMFS 会議(上海)The 12th International Congress on Oral Cancer( ICOOC) in conjunction with 24th Congress of International College of Maxillofacial Surgery, Shanghai …… 560

2009(平成21)年 …… 563
1.第19回国際口腔顎顔面外科学会(ICOMS)、第8回中国口腔顎顔面外科会議(上海)The 19th International Congress of Oral-Maxillofacial Surgery(19th ICOMFS)in conjunction with 8th Chinese National Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Shanghai …… 563

Ⅵ 2010年代
2010(平成22)年 …… 564
ロンドン訪問、Royal Society of Medicine(RSM)のWall of Honour の除幕式出席 …… 564
1.連合王国UK の歴史 …… 564
2.マグナ・カルタ …… 570
3.イギリスの首都ロンドン …… 572
4.ロンドン最古の病院と医科大学への発展 …… 567
5.Wall of Honour, Royal Society of Medicine の除幕式 …… 579
6.カンタベリーとカンタベリー大聖堂 …… 582
7.ケンブリッジ大学 …… 585
8.イギリス船舶、イギリス海軍とグリニチ標準時…… 590
9.経験に基づくイギリスの教育 …… 593
10.韓国CLEFT 2000(ソウル) …… 597

2013(平成25)年 …… 598
1.オーストリア・ザルツブルグ(Saltzburg)…… 598
2.The 27th ICMFS(The 27th International College for Maxillofacial Surgery) …… 600
3.塩の宝庫(Salz Kammergut) …… 603
4.ケルト(Celts) …… 609
5.ガリア・ゴール(Gaul) …… 613

2014(平成26)年 …… 614
1.第11回アジア口腔顎顔面外科学会(西安)The 11th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, Xi’an China …… 614
2.Neutron Capture Therapy …… 616
3.中国の口腔科学 …… 618
4.第28回ICMFS(The 28th ICMFS World Congress of Maxillofacial Surgery, Cancún Maxico) …… 620
5.Saman Warnakulasuriya 来日 …… 622
6.Dr. John Greenspan 来日 …… 622
7.Silverman Sol Jr. 死去 …… 623

2015(平成27)年 …… 624
1.SUNY Buffalo 口腔生物学講座の眞下彰 死去…… 624

2016(平成28)年 …… 625
1.Jstin P. Shah 来日 …… 625

Ⅶ エピローグ
まとめ…… 627
本書の重要な部分を占める「知」について…… 631
歯科の将来(未来)…… 632

付録 年表 …… 634
編集後記 …… 669

このページのトップへ

内容説明

箱入り上製本、豪華美装

このページのトップへ